カードローンとは

カードローン比較 50万までならかなりお得!DCキャッシュワン


         

三菱東京UFJグループのカードローン専用カード「DCキャッシュワン」です。審査は最短30分!カードを店頭受取に指定すれば、キャッシュワン店舗、無人契約機などで即日カード発行も可能。全国78,000台の提携 ATMですぐにお金を借りることができます。


初心者安心!大手銀行系からカードローン

貸し付け条件等
実質年率 15.000%〜18.000%  (貸付利率は実質年率18.00%。100万円以上のご契約極度額の場合は、実質年率15.00%です。)
審査時間 最短 30分
融資限度額 1万円〜300万円
融資時間 最短即日融資
融資方法・場所 CD・ATM 


返済方式
借り入れ金額スライドリボルビング方式


返済方法・場所
銀行振込  CD・ATM  コンビニ  銀行自動引落
契約期間 3年ごとの自動更新
申込み資格 年齢20歳以上64歳までで安定した収入のある個人の方
担保 原則不要
保証人 原則不要
必要書類 身分証明書の(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)の写し。50万円を超える場合は、「収入を証明するもの(写し)」
遅延損害金(実質年率) 21.900%〜26.280%


-------------------------------------------------------------------------
金融機関・会社情報
金融機関名・企業名 株式会社DCキャッシュワン
住所・所在地 東京都中央区日本橋2丁目3番4号 日本橋プラザビル12階
電話番号 03-5299-6625
提携CD・ATM台数 約 78000台
貸金業登録番号 関東財務局長(2)第01279号
加盟団体 東京都貸金業協会会員(05690号)


>>⇒即日低金利カードローン
posted by カードローン比較祭り!DCキャッシュワン!-komagome at 00:55 | カードローン比較祭り!カードローンのDCキャッシュワン! 

借り入れテクニック DCキャッシュワン&モビット



モビット や DCキャッシュワン などの銀行系ローンで一本化にチャレンジし、失敗するケースが後を絶たない。ほとんどが、他社の件数が多いからということである。他社の件数を減らせば低金利の銀行系ローン会社でも一本化が可能となる場合が多い。

例えば、A社200万円、B社200万円、C社150万円、D社20万円、4社の借入れをしていたら、これを一気にまとめることが出来れば、楽である。おまとめローンである。審査が甘いとされる プロミス、 プリーバなど消費者金融系ローン会社で借入れを一本化することを進めたい。一本化が無理であれば、一部借り換えでもよい。

( プロミス でおまとめローンを希望する場合は、希望額に50万円を入力し、確認の連絡時に「おまとめ」を希望すればOK。) 他社件数を減らしたあと、 モビット、 DCキャッシュワン など金利の低い銀行系ローンに借り換えする、これが一番である。

これで借入れ件数も減り、支払い利息も減らすことができる。
連続申込みで4〜5回までの申込みであれば、信用情報として悪くなることはなく、また6ヶ月で申込み情報はクリアされるので、悩む前にチャレンジすることだ。

カードローン(比較=カードローンを比較した場合)とは


カードローン(比較=カードローンを比較した場合)(Card Loan)は、あらかじめ契約した貸出枠の範囲で磁気カードを用いて現金をCD・ATMを通じて貸し出す融資商品。カードを使わず振込によって融資を受けられるタイプも有る。

日本の銀行など預金取扱金融機関が発行するもの
日本の信販会社・クレジットカード会社が発行するもの
日本のクレジットカードの一部に付帯するもの 
日本の消費者金融各社が発行するもの


カードローン(比較=カードローンを比較した場合)の概要


銀行・信用金庫等の預金取扱金融機関が発行するカードローン(比較=カードローンを比較した場合)は貸出枠を設定し、当座貸越専用(カードローン(比較=カードローンを比較した場合))口座として貸出限度まで繰り返し1円単位で借入が出来る。金融機関によるが、総合口座キャッシュカードと一体型したのものと、キャッシュカードと分離しているものがある。

商品として個人向けには、担保・保証人が不要の無担保型と、不動産の抵当権などを保証会社へ差し入れたり住宅ローン借入中の者にその抵当権を活用し、別に貸付枠をつけて発行する有担保型が有り、この他金融機関によっては個人事業者向けに発行するカードローン(比較=カードローンを比較した場合)もある。

無担保型の場合は系列の信用保証会社・保証協会またはクレジットカード会社や信販会社・消費者金融会社が、有担保型で不動産の場合は住宅ローンと同様に、系列の信用保証会社・保証協会の抵当権を設定の上信用保証を行い、金融機関から直接融資を受ける形態となる。

返済方法は殆どでローンカードやサラ金カード同様リボルビング方式(元金定額/残高スライドなどの方式が有る)で完済(借入残高が0円)となるまで、毎月の約定返済日に口座自動振替で返済していく形となるが、資金に余裕が有ればATMで直接カードローン(比較=カードローンを比較した場合)口座へ入金したり、リモートバンキングで自名義の普通預金等から振替する事も可能である。

万一延滞や貸倒が発生した場合は債権を信用保証先が代位弁済し、債務者へ債権回収をする事となる。

カードローン(比較=カードローンを比較した場合)の主な利点


貸出利率が消費者金融よりも低利であるものが殆どである。
勤務先によっては職域でメインバンクの総合口座とカードローン(比較=カードローンを比較した場合)を持たされる事があり、通常のカードローン(比較=カードローンを比較した場合)より低利であることが有る。
使途が自由で有るものが多い。(投機性資金や事業資金用途での利用を禁止している所もある。)
自金融機関の他、MICS等の提携金融機関のATMでも借入が可能で有ったり、ATMやリモートバンキング(インターネットバンキングなど)を用いてカードローン(比較=カードローンを比較した場合)口座から直接、別口座へ振替や振込を行うことが出来る所もある。
金融機関によっては、カードローン(比較=カードローンを比較した場合)返済に指定した普通預金口座が収納代行の引落で残高不足となった場合、総合口座定期預金と同様にカードローン(比較=カードローンを比較した場合)利用可能額の範囲で自動的に立て替える当座貸越/バックアップ機能が付帯される。
金融機関によっては、カードローン(比較=カードローンを比較した場合)利用によって金融機関の優遇サービスの得点加算対象となる。

カードローン(比較=カードローンを比較した場合)のデメリット


カードローン(比較=カードローンを比較した場合)が変動金利制であれば、定期的に金利見直しをするため金利上昇リスクがある。
無担保型の場合、定職に就いていない者(フリーター・無職など)で取引金融機関に相当の定期預金等の取引が無いと、信用上発行が難しいとされる。ただ、消費者金融が保証するカードローン(比較=カードローンを比較した場合)では審査次第によるため近年は緩和されている。
リモートバンキング上でカードローン(比較=カードローンを比較した場合)口座の取引明細が確認出来ない場合、郵送される明細書のみしか確認出来ない。
保証会社が消費者金融となっている場合、カードローン(比較=カードローンを比較した場合)を延滞して保証先が金融機関へ代位弁済した場合、その消費者金融から直接借りて延滞したものと同等の取り立てに遭う可能性が高い。
貸し手の金融機関は債務不履行となっても損失が軽微である点から地方銀行・第二地方銀行・信用金庫を中心に消費者金融会社が保証するカードローン(比較=カードローンを比較した場合)が2000年前後に多く登場している。アイフル(ライフ)・アコム・三洋信販・モビットによる保証が比較的多い。また、アイフルが2006年4月に業務停止処分を受ける事が発表されると、同社が保証する融資商品の取り扱いを一定期間見合わせたり、新規申込の中止(保証会社を変更するなど商品改定)する金融機関が幾つも現れた。

posted by カードローン比較祭り!DCキャッシュワン!-komagome at 19:25 | カードローン比較祭り!カードローンのDCキャッシュワン! 

【任意整理とは】

任意整理とは、まだ自己破産をするほどの状況ではないが、このままでは自転車操業に
なってしまうような場合に最適な債務整理方法となります。
一般的には「裁判所などの公的機関を利用せずに、私的に直接サラ金業者やクレジット会社
などと和解交渉をして債務整理をすること」と定義されています。これを簡単に言うと、
「このままでは自己破産しなければならない状況に陥ってしまうので、法律で認められた
利率(約18%)で、今までの取引を計算し直し、債務額を確定し、さらに、これからの利息
(将来利息)を全てカットした上で、3〜5年間(36〜60回)の分割弁済にする和解契約を
締結する」手続きということになります。

任意整理の特徴として重要なのは、本人がどこかに出向いたり、
誰かと交渉したり、書類を用意したりする必要が全く無いということです。

【費用の目安】
債権者1社あたり2万〜5万円程度
上記金額はあくまでも目安となります。
実際の金額は各事務所によって異なりますので
こちらより見積または資料請求してみてください。

【メリット】
1.取り立て・催促停止
認定司法書士が債務者の依頼を受けると、代理人となることで
全ての交渉を担当します。

依頼者への直接の取立てや、しつこい催促電話が全て止まります。
2.利息減少
認定司法書士と債権者による和解交渉の結果、返済額には利息が
つかなくなります。

3.時間的拘束が減少
手続きを全て弁護士・認定司法書士が行うため、時間的な拘束
を受けず、生活に支障が無くなります。

総評すると一定額を支払いながら、普段の生活を送れるということです。
自己破産を結論付ける前に、任意整理を検討することをお勧め致します。

posted by カードローン比較祭り!DCキャッシュワン!-komagome at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | カードローン比較祭り!カードローンのDCキャッシュワン! 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。